株式会社ロジステック株式会社ロジステック

By logistech

Linux on Deskpower インストールメモ          1999.3.11



●環境

[PC]
FMV Deskpower SE FMV-5120D5
(Specification)
CPU : Pentium120MHz (Upgrade 133MHz by motherbord switch)
Memory : 32MB SIMM
HDD(IDE) : First Master(/dev/hda) – 2GB
Second Master (/dev/hdc) – 1GB
HDD(SCSI) : SCSI ID=0 (/dev/sda) – 1GB
CD-ROM(ATAPI): Matshita CR-581-M (on IDE First Slave(dev/hdb))
Graphic cadd : ATI Graphics Pro Turbo PCI(atim64-CT) MACH64 215CT
VRAM 2MB, RAMDAC内臓
NIC : 3com EtherLinkⅢ Bus-Master(PCI Ethernet Adapter)
IRQ=09, I/O=7300-731F
SCSI : Adaptec AHA-2940U(PCI SCSI Contoroller)
Sound : Creative SoundBlaster16(plug&play)
IRQ=05, DMA=01,05, I/O=0220-022F,0330-0331,0338-038B
Keybord : 日本語109
Mouse : PS/2 (2 Button) IRG=12
Display : FMV-DP97Y2 Horizontal:30~65kHz Vertical:50~110Hz

[Linux Distribution]
Slackware3.5
+ PJE0.15m (in Run Book Third Edition)
+ XFree86-3.32

[Boot Manager]
System comander4.0(かなり愛用している)
1. IBM PC-DOS7.0 (IDE First Master Primary)
2. Windows98 (IDE First Master Primary)
3. Windows95 (IDE First Master Primary)
4. Linux3.5 (IDE First Master Primary) – LILO
5. Windows NT4.0 (SCSI)

●インストール

1. BootDisk, RootDisk の作成
Slackware CD-ROMを挿入し \SLACK350\BOOTDSKS.144にCD(Change Dir)

>RARWRITE aha2x4x.s A:

>RAWRITE COLOR.GZ A:

2. パーティションの設定
<計画1>
/(ルート) 32MB /dev/sda1
swap 64MB /dev/sda2
/var 64MB /dev/sda3
/usr 残り全部 /dev/sda4

*****************************************************************
IDE HDD に後づけしたSCSIハードディスクに /(ルート) を作成しても
LILOが起動しない。System Comannderは一応Linuxを認識し、メニューか
らLinuxを選択し起動をするのだがLILOの”LI”だけ表示されて止まってし
まう。これは、後述するLILOの設定で、LILOをMBRにセットしても
Root superblockにセットしても同じ現象である。
また、System Comannderの推奨ではLILOはsuperblockにインストールする
ほうがよいとあるので、NT4.0を外付けSCSIに移動し、LinuxをIDE First
のPrimariにセットすることとした。
*****************************************************************

<計画2>
/(ルート) 32MB /dev/hda4
swap 64MB /dev/hda5
/var 64MB /dev/hda6
/usr 残り全部 /dev/hda7

*****************************************************************
上記の計画で/(ルート)をPrimaryで確保するとこれで同一HDD内にPrimari
(基本)区画が4個できてしまい他のパーティションがきれなくなってし
まう。(もちろんLogicalで他のものを取ることもできない。)そこで、
/(ルート)をLogicalで取り、その他もLogicalでとればうまくいき、イン
ストールも正常にできる。が、再起動をかけたあとSystem Comanderが
Linuxを認識しない。どうやらLogical区画にインストールされたLinuxは
System Comannderに認識されないようだ。
したがって、/(ルート)はかならずPrimaryでインストールしなければな
らない。
*****************************************************************

<計画3>
/(ルート) 800MB /dev/hda4
swap 64MB /dev/sda2 (sda1は既にNTをインストール済み)

*****************************************************************
やむを得ずパーティションの切り分けを単純化し、/(ルート) 以下をIDE
のPrimaryにセットし、swapをSCSIに逃がした。
これで、インストールうまくいった。
*****************************************************************

実際の操作は以下の通り
#cfdisk /dev/hda ‘/(ルート)以下の確保
#cfdisk /dev/sda ‘swapの確保([Type]でfilesystemを82に)

3. インストーラーの実行
#setup

・キーマップはとりあえずus.mapを選択
・FATパーティションで起動時にマウントしておきたいもの設定
・ソフトウェアシリーズで日本語環境とバッティングするものについては
インストールしてはいけない。(参照:Run本 P.67~P.80)
・カーネルの種類は /cdrom/kernel/aha2x4x.sを選択
・Boot Disk念のため必ず作成しておく
・モデムの設定はcom2
・LILOの設定はSimpleを選択し、Root superblockに登録
・Network設定は次の通り
HOST NAME : fmv2
DOMAI NNAME : xyz.logistech.co.jp
LOCAL HOST IP ADRESS: 192.168.141.103
NETMASK : 255.255.255.0
GATEWAY IP ADDRESS : 192.168.141.254(rooter’s local address)
NAME SERVER ADDRESS : 192.168.141.100(DNS Server local address)
・マウスの設定はPS/2を選択

3.1 インストールの確認
再起動し、Linuxがうまく立ち上がるか確認する。

*****************************************************************
Linuxはうまく起動するが、pingが効かない(自己へのpingも不可)。
これは、3comNetwork Cardが認識されていないためで、次の処置をし
カーネルを再構築しなければならない。
*****************************************************************

(1) http://cesdis.gsfc.nasa.gov/linux/drivers/vortex.htmlの
ftp://cesdis.gsfc.nasa.gov/pub/linux/drivers/3c59x.c から
3c59x.cをダウンロードする。
(2) /usr/src/Linux-2.0.34/drivers/net/3.59x.c を上記のものと入れ
替える。属性は chmod 644。

3.2 カーネルの再構築
*****************************************************************
ネットワークカード認識の為のカーネルの再構築であるがついでにサウ
ンド設定等もやってしまう。
*****************************************************************
#make config

[General Setup]
・Proseccer Type => Pentium
[Network device support]
・Ethernet(10 or 100Mbit) => Y
・3com ISA, EISA, and PCI cards => Y
・3c590/3c900 ceries… “Vortex/Boomerang” => Y (その他は’N’)
・PCI Ethernet adapter => Y
[Sound support]
・Sound Blaster(SB16) => Y
・I/O base for SB => 220(default)
・IRQ => 5
・DMA = 1, 5

#make dep ; make clean
#make zlilo
#make modules ; make modules_install

再起動後ネットワークが有効になっているか確認する

4. 日本語環境の構築
4.1 PJEのインストール
*****************************************************************
日本語環境の構築のためmanコマンド起動に必要なgroff等をインストール
しなかったため、manが読めない。したがって、X Windowより先にPJEを
インストールする。
*****************************************************************
(1) ezinst, konのインストール
PJEのCD-ROMを挿入し、マウントする。
#cd /cdrom/PJE-0.1.5/tgz/install
#sh ./jeinst.sh
(2) キーマップの変更
/etc/rc.d/rc.keymapファイルを次のように変更する

/usr/bin/loadkeys us.map ←インストール時デフォルト

/usr/bin/loadkeys j106-d k2esc-d c12c-d

(3) ezinstの起動
#kon
#cd /cdrom/PJE-0.1.5/tgz/packages
#/sbin/ezinst
起動メッセージが表示される
[パッケージ選択]
・パッケージリスト-canvase.lstを選択
・ルール-デフォルトのまま
・マニュアル-デフォルトのまま
[パッケージのインストール]
・パッケージの確認をし、インストール開始
・パッケージリストに対するコメントは入力後、行頭(何も書かれて
いない行の左端で[Enter]キーを押す。
(4) マシンの再起動

4.2 Cannaによる日本語入力
(1) CannaサーバーがLinux起動時に起動されるように/etc/rc.d/rc.local
に次の行を追加(PJEインストール時に追加されているはず)
# call canna
/etc/rc.d/rc.canna start

(2) ユーザーホーム設定ファイル
★以下の~/.bash_profileファイルを置く
# $HOME/.bash_profile

# enable 8bit characters
stty cs8 -istrip -parenb

# history
HISTFILE=~/.bash_history
HISTFILESIZE=100
HISTCONTROL=ignoreboth
HISTSIZE=100

# path
PATH=$PATH:$HOME/bin
export PATH

# aliases
alias bin=”cd ~/bin”
alias cp=”cp -i”
alias mv=’mv -i’
alias dir=”/bin/ls $LS_OPTIONS –format=vertical”
alias jvi=”jvim”

**********************************************************************
下記の文からKtermをX Windowメニューから起動した場合は、
.bash_profileが実行されない、したがって.bashrc(=.bash_profile)として
ホームディレクトリに置くこととした。
**********************************************************************
●参考:bash_profileの実行順
(http://ww1.cnet-na.ne.jp/u/ushikai/misc.htmlより抜粋)

また、bashがログインシェルになっている場合、/etc/profileの内容が始めに
実行されます。Debianではこの中でパスを切っていることが多いので注意して
ください。ちなみに、その後bashは、
~/.bash_profileを実行
~/.bash_profileが無く、~/.bash_loginがあれば ~/.bash_loginを実行
~/.bash_loginが無く、~/.profileがあれば、~/.profileを実行
ログアウト時には~/.bash_logoutを実行
という動作をします。
僕にはまだ完全に説明する能力はありませんが、とりあえずrootのログイン
シェルはbashにしておいたほうがいいようです。(エラーの解析などが簡単に
なるらしい)
**********************************************************************
(http://kubota.rcpom.osaka-u.ac.jp/students/kubota/comp/debiantips/site-prof.html)

●すべてのユーザーに共通の設定はどこに書くか(bash)

bashは、ログインシェルとして起動する時は、/etc/profile、~/.bash_profile、
~/.bash_login、~/profile の順で実行します。また、 ログインシェルが終了
する時には ~/.bash_logout が実行されます。

ログインシェルではない一般のシェルが起動する時には、~/.bashrc のみが実
行されます。

このことから、ログインシェルについては、すべてのユーザーに共通の設定は
/etc/profile に書けばよいことが分かります。 (ログインシェルとは、コン
ソール画面ならログインしたときに起動されるシェル、 X Window System
なら kterm -ls などで起動されるシェルのことです)。

しかし、コマンドラインから単に bash と入力して起動したシェルは、 ログイ
ンシェルとはなりません。 また、X Window System でウィンドウマネージャー
のメニューから起動したシェルも、 ふつうはログインシェルとはなりませんが、
Debian のメニューシステムで Xshells メニューのなかに自動的に作られる
Xterm や Rxvt などのメニュー項目については、 ログインシェルとして起動す
る設定になっているようです。

そこで、問題は、コマンドラインから bash とか kterm などと入力して起動し
たシェルです。これについては、 全てのユーザーに共通の設定を行う方法が
ありません。そこで、 複数のユーザーを抱えるシステム管理者として最善の
手はなにか、 ということになりますが、いま思い付くのは、各ユーザーの
.bashrc を /etc/profile へのシンボリックリンクにしてしまうことです。
しかしこの手は、一括的な手段ではないこと、ユーザーが .bashrc を書き換え
ると無効になってしまうこと、があります。(ふつう、 ユーザーが .bashrc を
書き換えるのは、 いままでの設定は残したうえで新たに設定を加えたいという
ことだと思うので)。

なにかいい手はないでしょうか。

なお、コンソール環境とX環境で共通の設定を使う も参照して下さい。
**********************************************************************

★以下の~/.Xresourcesファイルを置く
!kterm*VT100*translations: #override \
! Shiftspace: begin-conversion(_JAPANESE_CONVERSION)

Emacs*FontSetList: 14,16,24
Emacs*FontSet-14:-*-fixed-medium-r-normal–14-*-iso8859-1,\
-*-fixed-medium-r-normal–14-*-jisx0208-1983-*,\
-*-fixed-medium-r-normal–14-*-jisx0201-1976-*
Emacs*FontSet-16:-*-fixed-medium-r-normal–16-*-iso8859-1,\
-*-fixed-medium-r-normal–16-*-jisx0208-1983-*,\
-*-fixed-medium-r-normal–16-*-jisx0201-1976-*
Emacs*FontSet-24:-*-fixed-medium-r-normal–24-*-iso8859-1,\
-*-fixed-medium-r-normal–24-*-jisx0208-1983-*,\
-*-fixed-medium-r-normal–24-*-jisx0201-1976-*

***********************************************************************
参考:.Xdefaults と .Xresources
(http://www.mitene.or.jp/~naoto/linux/fileform/sjis/home/_xresour.html)

X は、起動方法により流れは違いますが、シェル・スクリプトの流れにしたが
って起動されます。通常は、この際に『xrdb コマンド』を使用してリソースファ
イルを読み込みます。起動のためのスクリプトの中に書かれている xrdb の
引数により .Xdefaultsを読み込むか、.Xresources を読み込むかが決定され
ます。
このスクリプトに『xrdb コマンド』が無い場合には、.Xdefaults を読み込みます。
現在は、~/.Xresources をリソースファイルとして使用することが多いようです。
[ 例 ]
$HOME/.xinitrc または $HOME/.xsession 内などで、
xrdb -merge $HOME/.Xresources ==> .Xresources を読み込む
xrdb -merge $HOME/.Xdefaults ==> .Xdefaults を読み込む
起動スクリプトの中に指定無し ==> .Xdefaults を読み込む
***********************************************************************

★以下の~/.xinitrcファイルを置く
#!bin/bash
userresources=$HOME/.Xresoureces
if [ -f $userresources ]; then
xrdb -merge $userresources
fi
#

# for kanji
if [ -x /usr/X11R6/bin/kinput2 ] ; then
/usr/X11R6/bin/kinput2 &
fi

# for japanese window manager
LANG=ja_JP.ujis
LC_CTYPE=ja_JP.ujis
export LANG LC_CTYPE

exec fvwm2 ←これがないとX起動に失敗する
afterstep

★以下の~/.inputrcファイルを置く
set convert-meta off
set meta-flag on
set output-meta on

☆テスト
xを起動し、KTermでjvim(日本語対応vi)を起動する。
Shift+Spaceで漢字変換モードになり、日本語が打てるか確認する
保存し、catで日本語がちゃんと見れるか確認する

*****************************************************************
これで無事KTerm上で漢字を扱えるようになったがX Windoww終了後に
.fvwm2rcファイルがHOMEにないよ!というエラーが出る。
.fvwm2rcの中身はよくわからないが /home/pjeにある.fvwm2rcを取って
きてとりあえずHOMEディレクトリに置く。これでエラーは出なくなる。
*****************************************************************

★PJEインストール時に作成される /home/pje から内容を変更せずに
そのままユーザーディレクトリにコピーするファイル
.login
.emacs
.kinput2rc
.fvwm2rc

5. Muleの設定
上記.emacsファイル及び.Xresourcesのフォント設定を確認する以外特に何もすること無し。

logistech
About logistech